1.Oracle Database 11gのインストール

database-256
オラクルのサイトからダウンロードし、Windows Server 2012 R2へインストールします。



Step1.Oracle Database 11gをダウンロード


オラクルのサイトから、30日?お試しの出来る評価版をダウンロードすることができます。
ダウンロードするには、Oracle.comアカウントが必要になりますので、事前に作成することをオススメします。
(Oracle.comアカウントの作成方法は割愛します・・・)

(1)Oracle Database 11g ソフトウェア・ダウンロード(http://www.oracle.com/technetwork/jp/database/database-11g/downloads)サイトにアクセスします。

(2)「ライセンスに同意する」にチェックします。
ora1_1

(3)「ソフトウェアのダウンロードが可能となりました」となれば、ダウンロード出来る状態となります。
ora1_2

(4)今回は、Windows Server 2012 R2にインストールスので、「Microsoft Windows(x64)」項目の「File1」をクリックします。
ora1_3

Oracle.comアカウントでログインしていない場合は、下記のようにログイン画面が表示されるので、ログイン情報を入力すればダウンロードが開始されます。
ora1_4

「File 2」も同様にダウンロードします。

Step2.Oracle Database 11gのインストール

(1)Step1でダウンロードした2つのzipファイルを解凍します。
ora1_5

(2)「win64_11gR2_database_2of2」の「database」フォルダを「win64_11gR2_database_1of2」の「database」フォルダにドラッグします。
ora1_6

(3)「win64_11gR2_database_1of2」の「database」フォルダを開き、「setup(.exe)」をクリックします。
ora1_7

(4)「最低要件を満たしてません」と表示される場合がありますが、そのまま「はい」をクリックします。
※Oracle Databese 11gをインストールするのに必要な最低要件
・スワップ領域1GB以上(物理メモリを2GB以上搭載している場合は、物理メモリと同サイズ以上)
・一時領域(tmp)空き領域400MB以上
・Oracleソフトウェア用ディスク領域1.5GB以上
・データベース用ディスク領域1GB以上
・物理メモリ1GB以上
ora1_8

(5)セキュリティアップデート情報を受け取る必要がない場合は、画面のように「電子メール」欄を空白にし、チェックを外し「次へ」をクリックします。
ora1_9

(6)警告画面が表示されますが、そのまま「はい」をクリックします。
ora1_10

(7)「データベース・ソフトウェアのみインストール」を選択し、「次へ」をクリックします。
※「データベースの作成および構成」を選択すれば、リスナーやデータベースも一緒にインストールされます。
ora1_11

(8)シングル構成での運用のため、「単一インスタンス・データベースのインストール」を選択し、「次へ」をクリックします。
ora1_12

(9)「日本語」「英語」以外は必要ないため、「次へ」をクリックします。
ora1_13

(10)「Enterprise Editon」を選択し、「次へ」をクリックします。
ora1_14

(11)ディレクトリ先を変更しないので、そのまま「次へ」をクリックします。
※ここで設定するOracleベース・ディレクトリが「ORACLE_BASE」、Oracleホーム・ディレクトリが「ORACLE_HOME」となります。
ora1_15

(12)「終了」をクリックすると、インストールが開始されます。
ora1_16

(13)しばらくするとインストールが完了するので、「閉じる」をクリックします。
ora1_17

■Tipsリスト
Oracleマスター



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です