Chromeで特定サイトのみ「Bad Request」と表示される場合の対処法

Chromeフラットアイコン
Chromeで楽天証券など一部サイトを表示する際に、「Bad Request」と表示されてしまうケースがあるようです。



下記の画像のように「Bad Request」と表示されてしまう場合は、キャッシュをクリアすることで表示が元に戻るはずです。
br_1

Bad Request
Your browser sent a request that this server could not understand.
Size of a request header field exceeds server limit.
Cookie
/n

キャッシュをクリアするには、以下の方法を試してみてください。
※以下の方法はMac版Chromeのため、Windows版と異なる箇所があります。

(1)メニューバーの「Chrome」→「環境設定」をクリック
br_2

(2)環境設定項目が開くため、下の方にある「詳細設定を表示」をクリック
br_3

(3)プライバシー項目の「閲覧履歴データの消去」をクリック
br_4

(4)「次の期間のアイテムを消去(デフォルトは4週間)」で任意の期間を指定し、「ダウンロード履歴(デフォルトでチェックあり)」および「Cookieと他のサイトやプラグインのデータを削除する(デフォルトでチェックあり)」にチェックを入れて、「閲覧履歴データを消去する」をクリック
br_5

(5)これで再び表示されるようになるはずです。
br_7



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です