WordPressのpingを適切に管理をしてくれるプラグイン「WordPress ping Optimizer」

wordpress公式フラットアイコン
WordPressのpingは投稿を「下書き」にした場合でも、pingを送ってしまうデメリットが有り、結果的にスパムサイト扱いされる原因の一つとなってしまいます。
このプラグインを活用すれば、「下書き」の場合はpingを送らず、「予約投稿」時はその時間になったらpingを送ってくれ、かつping先や結果をログとして残してくれる非常に使い勝手の良いプラグインです。



(1)WordPress管理画面メニューの「プラグイン」→「新規追加」を選択します。
pingoptimizer_1

(2)プラグインのインストール画面が表示されるので、検索窓に「ping optimizer」と入力して「プラグインの検索」をクリックします。
pingoptimizer_2

(3)検索した結果、「WordPress ping Optimizer」が表示されるので、「今すぐインストール」をクリックします。
pingoptimizer_3

(4)確認画面が表示されるので、「OK」をクリックします。
pingoptimizer_4

(5)しばらくするとインストールが自動で完了するので、「プラグインを有効化」をクリックします。
pingoptimizer_5

(6)プラグインの一覧で、下記のようにインストールされたことが確認できるので、「Settings」をクリックします。
pingoptimizer_6

(7)ping先を入力して、「Save Settings」をクリックします。
pingoptimizer_7
なお、私の場合は、下記をping先にしています。

http://rpc.pingomatic.com/
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/q2t1q7wr774h
http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://ping.blo.gs/
http://ping.blogranking.net/
http://ping.dendou.jp/
http://ping.fc2.com/
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://serenebach.net/rep.cgi
http://taichistereo.net/xmlrpc/

(8)実際にpingが実施されると、下記のようにping先とその結果が表示されます。
pingoptimizer_8



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です