今回は「ジブリの法則」が発動されたのか検証してみた

レトロTVフリーアイコン
ざわ・・・ざわ・・・今宵は「千と千尋の神隠し」が放映されますの結果を備忘録として。






まず、日本時間21:30に発表されたアメリカ雇用統計の予想と結果は以下のとおり↓

■非農業部門雇用者数変化(6月)

・予想:9.0万人

結果:8.0万人

・前回:7.7万人

■失業率(6月)

・予想:8.2%

結果:8.2%

・前回:8.2%

→雇用者数は予想を下回り、一連の欧州債務危機が米経済の減速につながっているとの懸念を裏付ける結果となったようです。

つぎに、各通貨の為替チャートの動きは以下のとおり↓

■米ドル/円
米ドル/円為替チャート2012年07月06日
・引用:外為どっとコム

■ユーロ/円
ユーロ/円為替チャート2012年07月06日
・引用:外為どっとコム

■カナダドル/円
カナダドル/円為替チャート2012年07月06日
・引用:外為どっとコム

■豪ドル/円
豪ドル/円為替チャート2012年7月6日
・引用:外為どっとコム

■NZドル/円
NZドル/円為替チャート2012年7月6日
・引用:外為どっとコム

■ポンド/円
ポンド/円為替チャート2012年7月6日
・引用:外為どっとコム

→各通貨とも雇用統計の発表後、大幅な円高となりました。

さらに、アメリカの主要株価指数の値動きは以下のとおり↓

■ダウ平均株価
・12,772.47(前日比:-124.20

ダウ平均株価チャート2012年7月6日

■ナスダック総合指数
・2,937.33(前日比:-38.78

ナスダック総合指数チャート2012年7月6日

■S&P 500
・1,354.68(前日比:-12.90

S&P500チャート2012年7月6日

→ダウ平均株価は一時190ドル近く値を下げ、前日比-124ドルで取引を終了しました。
また、他の主要指数も軒並み下落しました。

このように見た場合、「ジブリの法則」は都市伝説というレベルでは済まない気がしますf(^^;
原因の半分が、アメリカ雇用統計など主要な発表がされるのが、たまたま金曜ロードショーをやっている日本時間の金曜夜であることは理解できます。
しかし、毎度「ジブリの法則」が当てはまるのは、もはや呪われているとしか思えません・・・
しかも、来週は「13日の金曜日+SQ+となりのトトロ」という不吉なものが勢揃いしています。
何も無いことを祈るばかりです( ̄人 ̄)






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。