今年も【4680】ラウンドワンの株主総会に出席してみた

Bank-icon
昨年に引き続き今年も参加してみたので、備忘録として。






昨年同様に受付で引換券とおみやげを渡され、会場に入ろうとしましたが、早速横でトラブル?が発生してました・・・
とある株主さんが、「孫のために追加でおみやげが欲しい!」とダダを捏ねられていて、「申し訳ございませんが特別対応はしておりません!」と一蹴される場面がありました。
直ぐに会場に入ったのでその後は見ていませんでしたが、聞いている方が恥ずかしいと思う出来事でしたf(^^;

ちなみに、今年のおみやげは以下のような感じでした。

昨年あった「オリジナルグッズ」は、招集通知にあるように廃止されました。
round1_201501

受付で封筒を渡され、
round1_201502

中には「プレミアムチケット×4枚」が入っていました。
round1_201503

利用方法も昨年と同じようです。たぶん。
round1_201504

オリジナルグッズが廃止されたので、株主総会に参加する人は少なくなるかなと思っていましたが、去年と同等かむしろ多いぐらいに思いました。
(株主総会の最後で、1,000名超えの参加だったとの発表がありました(゚д゚)!)

実際の総会の内容ですが、昨年同様に杉野社長の司会進行で進められ、最初の30分ほどは招集通知内容の要点が発表され、その後は「議案に関する質問を受け付けます」と質疑応答タイムがありました。
※以下は意訳です。

株主い:「女性の社外取締役は新任するけど、社内からは?」
すぎのしゃちょー:「社外からは来年もう1名考えたい。社内にも現在40代前半の女性従業員で将来的にはあるかもいう候補はいる。」
すぎのしゃちょー:「ただし、役員の適正という意味でジャッジは必要。」

株主ろ:「資本準備金を減らしてまで、配当をだすのは?」
※今回の第1議案は、資本準備金のうち約192億円を資本余剰金へ振り替えるものでした。
すぎのしゃちょー:「経常利益があるのに、配当を出さないのは理解してもらえないと思ったから。あと税制改正の関係で。」

株主は:「ここ5年の売上は横ばいなのに、利益が右肩下がりな理由は?あと、何をカントリーリスクって捉えているの?」
すぎのしゃちょー:「コストの大部分は固定費で、特に電気代が地味にかかっており電気代が+20%(約10億円)ほど上がっている。」
ぼく:「(Ω ΩΩ なっ、なんだってー!!)」
すぎのしゃちょー:「あと、従業員の時給や求人費も上がっているし、ほぼ中国から仕入れているアミューズメントの景品費も上がっているしで、コストが上がる要因しかありませんわ。」
すぎのしゃちょー:「カントリーリスクは、アメリカが一番低いと思っており、治安という意味でもショッピングセンター内や安全な地域への展開を行っている。」
すぎのしゃちょー:「アジアとの意見もあるが、そもそも営業許可がおりなかったり、突然取り消されるリスクがある。」
すぎのしゃちょー:「また、機材は現地調達ではなく輸入する必要があるため、高い関税がかかるし、一部の国では風評被害(反日のこと?)もあるので。」

株主に:「有利子負債はゼロになったので、今後の戦略は?」
すぎのしゃちょー:「8,9年前の利益率を目標にしたい。ボーリングをシニア・主婦にも興味を持ってられるようなイベントや、東京オリンピックでも採用されるかもで、7月からは『みんなのコンペ』各企業と提携してイベントを開催予定なので、盛り上がればと。」
すぎのしゃちょー:「アミューズメントは、セガ・コナミなどにアーケードゲームの開発を働きかけており、OEM生産も考えている。」
すぎのしゃちょー:「また、会社が意識している株価と市場の株価の乖離が発生すれば自社株買いもあり得るが、今のところは考えていない。」

株主ほ:「カジノ法案が通った場合の戦略は?」
すぎのしゃちょー:「過去に国内外でカジノの打診はあった。ただ、カジノ施設の特徴して、純粋なギャンブルだけではなく、ショッピングモールやショーなどエンターテイメントを充実させる必要があり、その費用を負担した上でとの話だった。」
すぎのしゃちょー:「そのため、もしやるのであれば、テナントの一店舗として。ただ、注視は必要だが、あえて積極的やる必要性は考えていない。」

株主へ:「3点質問がありますm9っ`Д´) ビシッ!!」
ぼく:「(え・・・以下略)」
株主へ:「おむつ替えるスペースがない」
株主へ:「女性従業員が多いけど、どう活用するの?」
株主へ:「育児休暇制度はどうなっているの?」
ぼく:「(議案と関係な・・・以下略)」
すぎのしゃちょー:「2005年からキッズスペースなどを用意しているが、全館では無いことは認識している。」
すぎのしゃちょー:「女性登用については、さっきの繰り返しになりますが・・・以下略。ちなみに、10年ほど前は男性従業員が多く、女性が多くなったのはここ5年ほどです。」
すぎのしゃちょー:「育休は6年ほど前に社内ルールを改正して、現在29名が取得中。全社研修などで啓蒙し推奨しており、従業員も多数いるので、育休はとりやすい会社だと思っている。」

株主と:「カラオケ事業の売上は10%程度だが、カラオケ>ボーリング人口なのにもっと増やさないの?」
すぎのしゃちょー:「既存店舗にカラオケルームを入れているが、専業と比べて戦略的に厳しい。」

と、議案に関する質疑応答はここまでで、その後行われた決議で全ての議案は可決されました。
※この際に、新しく就任された女性社外取締役の紹介もありました。

このあとは、議案以外の質疑応答タイムとなりました。

株主ち:「賃料上がったり、立退き求められたりしたらどうするの?建物の老朽化対応は?」
すぎのしゃちょー:「セールアンドリースバック先は、REITや上場企業が多く、予め決めた賃料を払うことを条件に買い取りをお願いした。」
すぎのしゃちょー:「立退きを求められたら、契約に基づいて対処するしかない。」
すぎのしゃちょー:「建物の老朽化対応は、計画的に行っていく考え。」

株主り:「フィットネス事業をやってみないの?」
すぎのしゃちょー:「これから研究していくべき分野だとは思っている。スポッチャの活用も考えているが、専業で行っている他社もあるため、すぐに進出すべきとは思っていない。」

株主ぬ:「休日株主総会あざーす!」
株主ぬ:「PontaやT-Pointなどのポイントカードはやらないの?某会社のように50%OFF優待はやらないの?」
すぎのしゃちょー:「15年ほどに全国共通ポイント事業を行ったけど、損失を出して結果的に会社を清算した経緯があるので消極的。」
すぎのしゃちょー:「他社の例として、株主優待が逆に経営を圧迫していることや、オークションで売買され本来の目的から逸脱しているケースがあることを認識している。」
すぎのしゃちょー:「実際に、500円割引券も300円で取引されているのは、知っているぞ。」

株主る:「980円ボーリング投げ放題の時はよく行ってたのに、値上げして行かなくなった。値上げの仕方をどう考えてるの?」
すぎのしゃちょー:「他社に対抗して値下げ戦略は行った。ただ、失われた20年の弊害とリフレ政策で本来の適正なお金をもらうだということを、お客様に説明すべき時期になっていると思っている。」
すぎのしゃちょー:「古い設備の使い回しというわけにはいかず、設備投資するためにも、今後ゲーム単価は値上げの方向になるだろうと思っている。」
すぎのしゃちょー:「そのため、株主の目線で事実を捉えて欲しい。」

株主を:「フードコーナーが無いので、外に出ないとご飯が食べられないのは不便。あと、送迎バスは14時開始ではなく10時開始にしてもらえれば、主婦層も活用できる。」
※ここでパチパチと拍手あり
すぎのしゃちょー:「大部分の店舗ではフードカウンターを設置しているが、一部は保健所の許可等理由で対応が厳しい。」
すぎのしゃちょー:「送迎バスの要望は他からも出ているが、経費やドライバーの手配(全て委託)もあるため、利用者が多いところが優先となっている。」

あと2点質問があり、優待でメダルゲーム利用できないのはオペレーション的に厳しいや、アメリカのインターンシップで台湾系アメリカ人の方がマネージャーになっていますなども有りました。
※かなり適当になりましたが、書き疲れたので・・・

最後に、過去最高利益を出している会社のある中で、株主の皆様にはご迷惑をおかけしますと締めで終わりました。
株価も低迷しており、昨年と比べて暗い感じではありましたが、来年は明るい話題が出ることを期待したいかと思います。

【4680】ラウンドワン株価1年チャート
【4680】ラウンドワン株価1年チャート






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。