アメリカの雇用統計発表でどれくらい為替チャートが動くか調べてみた

アメリカ労働省ロゴ
5月4日21:30に発表された「4月米国雇用統計」で、どれくらい為替が動くか調べてみた。






まず、予想と結果は以下のとおり↓

■非農業部門雇用者数変化(4月)

・予想:16.0万人

結果:11.5万人

・前回:15.4万人(12.0万人から修正)

■失業率(4月)

・予想:8.2%

結果:8.1%

・前回:8.2%

→非農業部門雇用者数変化は、予想よりも大幅減となりましたが、前月分が上方修正されました。
失業率は、予想よりも若干改善しました。

つぎに、米ドル/円の為替チャートの動きです↓
米ドル/円チャート2012年05月04日21:00-22:00
・引用:外為どっとコム
→発表前の80円台前半から水準から、一気に79円台後半まで30pips以上下がりましたが、そのあとショートカバーの動きに転じ、発表前水準よりも一時的に上げました。
しかしその後は、80円防衛ラインを意識した動きとなっているようです。

その他の通貨の為替チャートは以下のとおり↓

■ユーロ/円
ユーロ/円為替チャート2012年5月4日21:00-22:00
・引用:外為どっとコム

■カナダドル/円
カナダドル/円為替チャート2012年5月4日21:00-22:00
・引用:外為どっとコム

■豪ドル/円
豪ドル/円為替チャート2012年5月4日21:00-22:00
・引用:外為どっとコム

■NZドル/円
NZドル/円為替チャート2012年5月4日21:00-22:00
・引用:外為どっとコム

■ポンド/円
ポンド/円為替チャート2012年5月4日21:00-22:00
・引用:外為どっとコム

こうして比べてみた場合、他の通貨も同様な動きをしていることがわかります。
一気に1円以上値動きするような荒れた相場ではありませんでしたが、それでも往復で儲けた人がいるんだろうなと考えさせられる動きでした。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。